過激化するデモ、セウォル号の遺族たちは何に憤っているのか…「子供が消えた街」からのレポート

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

◇韓国の捜査当局は5月15日、事故の原因について「ムリな改造で復元力が低下していたセウォル号を船員たちが急変進させたことによって船体の貨物が一方に偏り、バランスを失って沈没した」との見解を発表した。しかし、ほかの政府機関による分析や操舵手の証言では、船は急変進していない。

◇捜査当局は、しっかり固定されていなかった貨物が動いたことで船が大きく傾き、沈没に至ったとしている。しかし実際には、船は貨物が動く前に大きく傾いていたとする生存者の証言が多数ある――。

◇船が傾く前、船体に大きな「衝撃」が走ったという乗員乗客の証言がある。また救助船の到着前、沈みゆくセウォル号のすぐ近くに長さ100メートルほどの「怪物体」が突然現れ、間もなく消えたのをレーダーが捉えている。その正体は何なのか――。

このうち「怪物体」については「韓国軍との合同演習に参加していた米軍の原潜ではないか」との説が、インターネットなどで取り沙汰された。単なる「陰謀論」と切って捨てたくもなるが、前掲書で郭氏はこの説についての判断を保留している。なぜか。

    関連記事