中国遼寧省の企業、北の核開発支援に関与か…取引5億ドル超、米中当局が捜査

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

取引品目の中には、高純度アルミニウム塊やパラタングステン酸アンモニウム、酸化アルミニウム、三酸化タングステンなど、ウラン濃縮用遠心分離機の製造に用いることのできる原料が含まれていたという。

中国メディアの報道によれば、今年43歳の馬氏は1990年代から北朝鮮ビジネスに進出して成功を収め、パナマの法律事務所から流出した租税回避行為に関する一連の機密資料「パナマ文書」にも、名前が記載されていたとされる。

    関連記事