金正恩氏の秘密パーティーに呼ばれる「名門女学生たち」の涙

この時期は、北朝鮮の芸術関係者に対して「ポルノ疑惑」がもたれ、粛清がはじまったころだ。この粛清の波は、2013年12月の張成沢氏の無慈悲な処刑で嵐となり北朝鮮国内で吹き荒れる。

金正恩氏が、粛清という刀を振り回し暴走しはじめた時期と、急激に肥満度が高まる時期が一致するのは偶然とは思えない。恐怖政治を激化させる中で、なんらかの猜疑心やストレス、プレッシャーにさいなまれたことが極度の肥満をもたらした可能性は充分にある。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

一方、今回の国政監査で出てきた週3、4回もの「夜通しパーティー」の情報は新しいものだ。それ以前に、正恩氏がそこまで酒を好むという話も出ていなかったのではないか。

    関連記事