米軍が「金正恩斬首」部隊を韓国に送り込んだ

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

まず、韓国陸軍特殊戦司令部(特戦司)が、国会国防委員会に提出した資料を通じて、「敵(北朝鮮)の戦略的核心標的を打撃するための特殊部隊の編成を推進している」と明らかにした。一方、韓国空軍は同様の資料で、 来年にも戦闘攻撃機KF-16に遠距離から北朝鮮領内を隅々まで攻撃できる能力を付与すると明らかにしている。

ヤケクソ半分で「核のボタン」

こうした動きの背景には、金正恩体制が存続する限り、もはや対話で核・ミサイル問題などを解決するのは無理なのではないか、という軍部や政界内部の空気がある。

    関連記事