「死の復讐」に怯える北朝鮮のバツイチ男性

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

さらに、喜び組という特殊なケースはさておき、一般社会における女性の地位も決して高くはない。

例えば、一般家庭の夫婦生活では、こんなケースが多い。男性たちは、職場に出勤する義務があるが、給料はコメ1キロを買えるか買えないかぐらいの少額だ。とても生計を維持できないため、女性たちは市場で商いに励み、一家の大黒柱として薄給の夫と家族を養う。それにも関わらず、夫の方は、大して働きもせず、家ではタバコをふかしながらゴロゴロする。酒を飲んではくだをまく――そんなケースが少なくないのだ。

こうした理不尽な境遇に、ついに女性たちの堪忍袋の緒が切れたようだ。役に立たない亭主関白の男性に三行半を突きつける、つまり離婚を言い渡すケースが増えているのだ。

    関連記事