労働新聞に記載されていた金正恩氏の実母「高ヨンヒ」

1972年12月29日付労働新聞「政令」
1972年12月29日付労働新聞「政令」
人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

序列の1番目は映画「花を売る乙女」で主役をつとめた洪英姫(ホン・ヨンヒ)。7番目と8番目に万寿台芸術団所属の俳優の名前が記されているが、7番目は当時のスター俳優だったパク・エラ。そして8番目にコ・ヨンヒと記されている。

この高ヨンヒは金正恩の実母・高英姫の可能性があるが、不思議なことに一般に知られている高英姫とは「ヨン」の字が違う(注)。かつて金正恩も金正雲と表記され「ウン(운)」から(은)へ変わった例があるが、果たしてこの人物は高英姫なのか?

この謎を解く手がかりが、政令の翌年1973年3月に発行された写真グラフ誌「朝鮮画報」にあった。

3月号の高英姫の父・高ギョンテク氏が手記によると「国家授勲の栄誉をにない、表彰までされたという手紙が、次女のヨンジャ(英姫に改名する前の名前)からまいこんだ」という。さらに「父なる首領のふところに抱かれたヨンジャは、希望どおり無料で、しかも奨学金までうけながら音楽舞踊大学を卒業し、いまでは功勲俳優としてりっぱに活躍している」

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

    関連記事