「板子一枚下は地獄」北朝鮮漁民の悲鳴が聞こえる…「百年前の船」で大量死

何も対策がないよりはマシとも思えるが、経済制裁下にある北朝鮮が2万隻もの漁船を調達できるのか。結局は掛け声倒れに終わり、漁民の犠牲が増え続けることになるのではないか。

(参考記事:金正恩氏「プラスチック漁船2万隻」の調達を命令…漁民の人命被害で

ちなみにこの命令は、漁民の犠牲が海外で広く報道され、国家の「対外的な威信」が傷つくことを恐れて出されたものだという。

今さら何を言っているのか、と思わざるを得ない。漁業に限らず、北朝鮮の国家的事業はどれも「死屍累々」であり、国民の犠牲なしに成り立ったものが果たしてどれほどあるか。

(参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

しかしそれにしても、漁民の人命被害は現在進行形だ。それも、日本の目と鼻の先で起きている。犠牲をなくすための、何か良い手立てはないものだろうか。

    関連記事