若者の命を次々と飲み込む…北朝鮮「呪われた巨大発電所」の実態

北朝鮮では以前から、国家指導者の生誕記念日や政治的に重要な日に成果として発表するために、無理やり工期を短縮する突貫工事「速度戦」が繰り返されている。

(参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

そのため工事は手抜きにならざるを得ず、事故が多発している。平壌では23階建てのマンションが崩壊する事故が発生。高速道路の工事現場では、橋が崩落し500人が死亡する事故が起きている。

(参考記事:500人死亡の修羅場で金正恩氏が驚きの行動…北朝鮮「マンション崩壊」事故

北朝鮮の建国以来、最大のプロジェクトとなる端川(タンチョン)発電所建設も同様だ。160キロにも及ぶ水路と発電施設を作る大工事には、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士と民間人が数十万人も動員されているが、現場では事故が相次いでいる。

    関連記事