北朝鮮「空母化いずもは悪夢を呼ぶ怪物」 金正恩氏が興味津々

金正恩氏は核兵器を放棄する意思を表明しているが、それが実現すると、北朝鮮の軍事力は格段に弱くなる。兵員や兵器の数こそ多いものの、その内実は悲惨な限りだ。

(参考記事:金正恩氏の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱い

通常兵器を更新して軍事力を強化するには莫大なカネがかかるが、少なくとも当面の10年や20年は、北朝鮮にそのような経済的余裕が生まれることもないだろう。自国がそんな状況にある時、日本が空母保有国の仲間入りをするとなれば、それはなかなか刺激的な出来事だ。金正恩氏は色々な意味で、「いずも」の今後に興味津々なのかもしれない。

(参考記事:「世界は日本を警戒すべき」…北朝鮮が「いずも」空母化に猛反発する理由

    関連記事