韓国軍の性暴力が白日の下に「被害証言、政府は黙殺してきた」

1980年当時、全南大学4年生だったキム・ソノクさんは、案内放送係として光州民主化運動(光州事件)に参加していた。当局に逮捕、連行され、取り調べの捜査官に連れ出されて旅館で性的暴行を受けた。キムさんは今年5月8日に放送された韓国JTBCのニュースに出演し、38年前にあった出来事を初めて語った。

1980年5月、クーデターで政権を掌握しようとしていた軍部に抗い、民主化を求めてデモに立ち上がった多くの市民が武力で弾圧された光州事件(5.18光州民主化運動)。韓国政府が認定しただけで死者は165人、行方不明者76人、負傷者3515人。しかし、戒厳軍が女性に対して行った性暴力についてはほとんど触れられてこなかった。

17才の女子高生たちも

文在寅大統領は今年5月18日の光州民主化運動38周年のメッセージで「踏みにじられた女性たちの人生を抱きしめることから真実の歴史は再び始まる」「一人の人生、一女性のすべてをあまりにも簡単に蹂躙した過去の国家暴力が実に恥ずかしい」と述べ、性暴力の真相究明を行うことを明らかにした。

    関連記事