首脳会談の失敗で「ホッとひと安心」している北朝鮮のお金持ち

すでに本欄でも伝えたとおり、北朝鮮の貿易関係者の間からは、米朝首脳会談の失敗に対する落胆の声が漏れ伝わっている。その一方、北朝鮮国内には、会談の失敗に安どのため息をついている人々もいるようだ。その人々とは「トンジュ(金主)」と呼ばれる新興富裕層の一部だ。

北朝鮮では、社会主義計画経済と配給制度がほとんど崩壊し、なし崩し的な資本主義化が進んでいる。その主人公が、市場での商売や運送業などで資本を蓄え、あるいは権力と癒着して甘い汁を吸い、今や不動産投資や工場経営にも進出しているトンジュである。北朝鮮では今、ものすごいスピードで格差の拡大が進んでいるが、そこで「勝ち組」の座を占めているのもトンジュだ。

(参考記事:「牛乳風呂」をたのしむ北朝鮮の上流階級)

    関連記事