金正恩の「肥満」と「処刑」が同時期に始まった必然

そしてこの粛清の波は、2013年12月の叔父・張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長の処刑で嵐となり、北朝鮮国内で吹き荒れた。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

恐怖政治を激化させる中で猜疑心やストレス、プレッシャーに苛まれたことが極度の肥満をもたらした可能性は充分にある。

2013年に起きたことを、もう少し詳しく振り返ってみる。

    関連記事