美女と「日本製の部屋着」に狂わされた、ある北朝鮮警察官の選択

北朝鮮の富裕層が日本製品を愛するのは、在日朝鮮人によって持ち込まれた様々なモノに触れながら、そのクオリティの高さに慣れているからだ。経済制裁によって入手が難しくなっても、中国製などの代替では満足できないのである。

日本製のファンは、何も富裕層ばかりではない。今でこそ韓国製品にも人気が集まるようになったが、長らく、庶民にとっても日本製品は憧れの的だった。同書では、こんなエピソードも紹介されている。2003年に西海岸の南浦(ナムポ)市であった話だ。

平壌の貿易会社に勤務する男性が、出張で南浦を訪れた。ふとしたきっかけで高級売春宿を訪れた彼は、目もくらむような美女の接待を受ける。

(参考記事:芸術家出身の美女が…北朝鮮「高級VIP風俗」の実態

    関連記事