金正恩氏ら兄妹、対北ビラで「不倫関係」暴露され激怒か

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮当局はそれ以来、非社会主義的行為の取り締まり――要するに風紀取り締まりに力を入れているのだが、そこには男女の「不倫行為」も含まれる。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が昨年9月に平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋の話として伝えたところでは、現地では「あらゆる反社会主義、非社会主義的な行為を徹底して叩き潰そう」という当局主催の講演会が開かれ、次のような話が出たという。

「社会主義秩序をびん乱させているニセ夫婦どもの不倫行為を強力犯罪として集中取り締まりを行い、処罰する」

つまり、金正恩氏は自らの主導で「不倫根絶」をうたっているわけだ。

ビラはさらに、金正男氏が2017年2月、弟である金正恩氏が放った暗殺団により、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害されたことを暴露。その動機は、日本出身の母を持つ金正恩氏に対し、長男である金正男氏こそが本物の「白頭の血統」だったことにあるとしながら、「稀代の殺人鬼」である金正恩氏を「全民族の名にかけて必ずや処断する」と宣言している。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

出生の秘密を暴かれた上、「処断する」とまで言われたことで、金正恩氏や妹である金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長の怒りが沸点に達したということだろうか。

    関連記事