北朝鮮「列車に乗っていたら飢え死に」その理由は

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

最近もまた、北朝鮮の列車の車内で死者が発生した。事故が起きたわけでもケンカが起きたわけでもない。食べ物がなくて餓死したのだ。

事件が起きたのは、軍事境界線に程近い江原道(カンウォンド)の安辺(アンビョン)から東海岸沿いを北部に向かっていた列車の車内だ。現地のデイリーNK内部情報筋によると、元兵士は兵役を終えて咸鏡北道(ハムギョンブクト)の吉州(キルチュ)の故郷に向かっていた。

軍部隊では通常、除隊(兵役満了)して故郷に帰る元兵士に3食分の弁当を持たせる。北朝鮮国内ではどこで列車に乗っても、目的地に24時間以内に到着するからだ。しかし、これはあくまで列車がダイヤ通りに走った場合の話だ。列車が大幅に遅れたため、元兵士の手元には一切の食べ物がない状態となってしまった。

    関連記事