「金正恩が恥をかかされた!」首脳会談の失敗情報、北朝鮮で拡散

物別れに終わった2回目の米朝首脳会談。北朝鮮の国営メディアは会談の成果の有無には具体的に触れていないが、少しの時間差を置いて、北朝鮮国民の間にもその「中身」が伝わりつつある。

「トランプだました」

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、「今回の元帥様(金正恩党委員長)のベトナム訪問は、米国との会談が目的だったため経済制裁の解除という結果が出ると住民は期待していた」が、「会談終了から何日経っても、経済封鎖が解かれるという話がなく、人々は『交渉がうまく行かなかったのだな』と思うようになっている」と伝えた。

(参考記事:「心配でしょうがない」首脳会談失敗で北朝鮮から失望と不安の声

中国と取り引きのある貿易関係者を通じて、米朝間の立場の違いが大きかったという話が巷に広がりつつある。市民の間からは「残念だ」との反応と共に「1杯目の酒で腹が膨れようか」と次の会談に期待する声も上がっている。

期待を持っているのは、情報筋も同じだ。

    関連記事