金正恩氏、韓国との約束をまたも「スルー」…文在寅政権に打撃

今回、北朝鮮が「スルー」したのは、今年2月末までに実施することにしていた南北共同遺骨発掘団の構成・相互通知だ。

昨年9月に双方が交わした軍事分野合意書には、南北が非武装地帯(DMZ)内で朝鮮戦争戦死者の遺骨を共同で発掘するため、大佐級を責任者とする5人ずつの共同調査・現場指揮チームを構成するほか、80~100人の発掘団をつくることや、2月末までに相互に通知することが明記されている。韓国側は、遺骨発掘団の構成をすでに終えている。

朝鮮半島情勢の全体的な構図の中で見れば、小さな問題と思えるかもしれない。しかし北朝鮮と韓国はこれまで、陸海空での敵対行為の中止やDMZの監視所の試験撤去、軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)の非武装化、漢江河口の共同水路調査など、軍事分野合意書の記載事項を着実に履行してきたのだ。

それらにはいずれも期限が設けられており、今回の遺骨発掘団の件で初めて、北朝鮮は期限を守らなかったのだ。それだけではない。聯合ニュース(日本語版)は4日、次のように伝えている。

    関連記事