欧州から北朝鮮に強制送還された「ある女子高生」が辿る運命

北朝鮮の体制を知る人ならば、父親が本国からの帰国命令に従った場合のグムヒョクさんの運命を考えたとき、背筋に冷たいものを感じずにはいられない。

(参考記事:亡命した北朝鮮外交官、「ドラゴンボール」ファンの次男を待っていた「地獄」

太永浩氏の英国暮らしは10年に及び、息子たちも当然、資本主義社会の影響を強く受けた。本国に連れ帰っても、息子たちが適応できるはずがない――そう考えたことが、太永浩氏の亡命の動機になったとも伝えられる。

一方、太永浩氏は別のインタビューで、イタリアが北朝鮮指導層のぜいたく品を密輸するルートの中のひとつだったと指摘し、「2006年から2009年までイタリアで3年間研修を経たチョ・ソンギル氏は、密輸ルートに関わっていた可能性が大きい」とも話している。

    関連記事