ペット盗難多発で「北朝鮮機関」に疑惑の目…アフリカ・ナミビア

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ちなみに、ナミビアで疑惑の目を向けられているのは、万寿台創作社の建設現場で働く労働者たちだ。アフリカで稼ぎまくってきた万寿台創作社は、北朝鮮でも有力な外貨稼ぎ機関だが、その傘下にある労働者たちでさえ、収入や衣食住の面で劣悪な環境にあることが、ナミビアの騒動からはうかがえるのだ。

特に、今年は10月10日に朝鮮労働党創建70周年を迎えたこともあり、金正恩氏は各機関に相当なムリをさせて、外貨をかき集めたのではないか。

そんな彼の目には、海外に派遣された労働者たちの惨状など見えるはずもない。何しろ正恩氏は、平壌でのドンチャン騒ぎを優先させるため、地方の人々が自分を見失うほどの飢餓地獄へと追い込んだ前科の持ち主なのだから。

    関連記事