「何故あんなことを言うのか」文在寅発言に米高官が不快感

「米国の考えは違う。敵対関係終息に向けた道の始まりにすぎない」

さらに同紙によると、米国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表は「ムン(文在寅氏)が一体なぜあんなことを言い出したのか分からない」として、文在寅氏の別の発言に対して不快感を表したという。

その発言とは文在寅氏が6月26日、「(米朝)両国間の第3次首脳会談に関する対話が続いている。ハノイ会談で互いの立場について理解が進んだ状態での水面下の対話」と発言していたものだ。

これを受けてビーガン氏は記者団に対し、次のように言って否定した。

    関連記事